2009年09月05日

■先日見た映画(19)

カチンコ 先日、渋谷のシネパレス『HACHI』を見ました。

薄々は分かってましたけど、“字幕翻訳=がっかり”の法則があります…。詳しくは後ほど…。

最近、この映画の予告をテレビでよく見ますが、その影響か、リチャード・ギア「HACHI」の声マネをする人間が増えているとか、いないとか…わーい(嬉しい顔)

ネタバレありなので注意! zoo

もとは、実話の映画化『ハチ公物語』リメイク版ってことですけど、1987年に公開されたこの映画小さい頃に見た記憶があります。
すごく感動的な映画だったと記憶しています。

今回のリメイク版も、なつかしさゆえに見に行きました。

(今回ストーリーは、もはや言うまでもないくらい有名な話なので省略します…あせあせ(飛び散る汗)

この映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』を撮ったラッセ・ハルストレム監督だそうで、それを知って期待値がグッと上がりましたグッド(上向き矢印)
ただ、リメイク版はオリジナルを越えられないっていうジンクスがあるだけに「いかに?」って感じです。

…悪い予感的中! 老いたなラッセって感じてしまいました。

この映画 日系3世のプロデューサーが20年くらい前に日本に来た際に、この話(実話)を聞いて自分の犬にもハチコウとつけるくらい感動したそうで、その愛犬ハチコウが亡くなったのを気にこの話のリメイクを働きかけたっていう事なんだそうです。もはや「忠犬ハチ公なんだか、愛犬ハチコウなんだか分からないじゃん・・・」って気がしてしまいます。

その証拠に、この映画で描かれる日本の描写があまりにもお粗末!
坊さんが子犬を海外へ郵送で送るとことかありえないだろ…。
それは、日本文化に対しても言えることで、剣道をするシーンで、防具を着けないのはまだしも、剣道着くらい着ろ!なんで会社帰りの格好でやってん?チャンバラがしたいのか?武士道を舐めてるの?って感じてしまいました。おそらく、日本文化に関して、ほとんどリサーチしていませんね…。
(さすがに『ハチ公物語』はみてるよねぇ…あせあせ(飛び散る汗)

まあ、日本描写以外は、ボクが見た感じ、それほど悪いところはないと思うんですが、やはり最初と最後がどうしても気にいらない…。

最初のリチャード・ギア演じるパーカー教授ハチ(八)と出会うところ。正直、坊さんが秋田犬を送るシーンとかバッサリ切って、どこからともなく現れた子犬と出会うっていう感じにしていいと思います。
(どうせ、後でその犬が日本の秋田犬だっていう説明もあるわけだし…。ちなみに子犬のところだけは、秋田犬じゃなくマメシバ(!)が使われているみたいです。)

そして、最後!

今回、他の映画ではなかなか無いことらしいんですが、【ラストカット権】を監督が持っているそうで…。(通常はプロデューサーなんかが持っているらしいんです…。)
要は完全に監督におまかせってことなんですけど、その割には、今回のこの【ラストカット】は、プロデューサーの思惑通りになってるじゃんって感じがします…。

でも、中にはおもしろいカットもあって、ハチの目線で飼い主を見るアングルで撮っているの箇所が何度か出るんですが、ローアングルで、かつ色のない状態で撮っていて、「犬の視覚をリアルに捉えていておもしろい描写だなぁ」と思いました。
ただ、それを終盤、もしくはラストで「なぜ使わない?」って思ちゃうんですけど…。

〜まとめ〜

まあ、あえて深読みするならば、リチャード・ギアといえば生粋の白人系アメリカ人で言わば古いアメリカの象徴、それに忠実に従うハチっていうのはやはり日本の象徴、そう捉えるとまさに現代の日米関係に置き換えられるんじゃないかと…。深読みし過ぎかな・・・。
(忠犬が忠犬のままで本当にいいのか?考えさせられるテーマですよね…、なんてね)


“字幕翻訳=がっかり”の法則について

リチャード・ギアといえば、その影に戸田奈津子(以降:なっちゃん)あり。

なっちゃんは、日本でおそらく一番有名な字幕翻訳家です。リチャード・ギアが来日する際には通訳もやってます。
(前に『スマスマ』のビストロにリチャード・ギアが出た時も通訳やってました…。)

なっちゃんの良い(?)所は、
@勝手な意訳をガンガン盛り込んでくること。
Aときどき誤訳を紛れさすこと。

おかげで、「話がイマイチ理解しきれなかったなぁ」っていう時には、クレジットの最後にひょっこり現れたりします。
(最初に現れた時には、覚悟をしましょう!)

リチャード・ギアの主演映画は、ほぼ彼女が字幕翻訳を担当しています。これも彼女がこの世界で生き抜くための処世術なんじゃないですか…、なんて…あせあせ(飛び散る汗) zoo
posted by チチブドウ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31890854

この記事へのトラックバック