2009年08月15日

先日見た映画(16)

カチンコ お店中と外の寒暖の差が激しくて、風邪ひきそうですあせあせ(飛び散る汗)

ついに行って来ました『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

しかも、念願の【IMAX版】です。

いや〜、映画興行ランキング1位の映画なんで、いまさらご紹介も何もないんですが、【IMAX版】はひと味違うんです!

↓続きはコチラ↓

ネタバレありなので注意! zoo
先ほどから、IMAX版、IMAX版と連呼しておりますが、IMAX版とは、【IMAXデジタルシアター】のことで、日本では109シネマズ川崎、菖蒲、箕面3館のみです!

※IMAXに関しては、当ブログ【8/3】『先日見た映画(14)〜後編〜』でご紹介してますので、こちらをご参考ください。

しかも、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』3Dバージョンが見れるのも、前述のIMAXシアター3館だけなのですっごく楽しみでした。ちなみに今回見に行ったのは、109シネマズ菖蒲です。
※「え、『ハリー・ポッター…』って3Dバージョンあるの?」って思っている方は、まだやってますので、ぜひ!

ちなみにボクのポッタリアン度でいうと、映画は全部見たし、何気にDVD全部持ってます。(通常版ですけど…)
原作は、『炎のゴブレット』まで読んだかな?って程度です…。まあ、暑すぎず寒すぎずって感じで…。

では、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』3Dバージョンをご紹介!

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の感想をいうと「こんなもん?」って感じでした。ただ原作を読んでないので偉そうなことは言えないんですが…。その分、ラストは衝撃を受けましたけど…。

ボク的には、若干『トランスフォーマー/リベンジ』と重なる部分があるなぁと思ってまして、『ハリー…』は、今回ホグワーツ魔法学校でのドタバタ劇が復活したって感じで、方やヴォルデモートの脅威が薄い印象を受けました。(そのかわりベラトリックス・レストレンジ役のヘレナ・ボナム=カーターの狂いぷりが気になっちゃって…。この人スウィーニー・ドットでも狂った演技してたなぁ…。)
『トランスフォーマー』だと、この辺の学園ドタバタ劇がちょっとしかなくて不満!しかも、ほぼ後半全部ドンパチ劇なので疲れます…。(ただ、迫力はあります。)

まあ、全体の感想は、こんなもんで…。

3Dバージョンになっている部分について少し…。

今回、3Dバージョンになっているとはいえ、残念ながら全部というわけではありません。(たぶん公開に間に合わなかったというのが理由だと思いますが)冒頭から10〜20分くらいが3Dになっています。

ただ、この3Dには唖然とさせられます!

IMAX版だけにスクリーンがめちゃくちゃおっきくて、精細なので冒頭のタイトルが目の前まで迫って来ます。さらにその後現れる煙のような死喰い人(?)が、マグルの街や橋を襲って破壊するシーンがあるんですが、そこはまさにジェットコースター感覚!音響もあいまって、身体が揺さぶられるようなぴりぴり感が体感できます。

今回、新登場のホラス(ジム・ブロードベント)先生の家に訪ねる場面で家具やインテリアを元に戻すシーンなんか背景の隅々まで見えるので、迫力満点です。

3Dなのは、ハリーがダンブルドアの手によってロンの家まで飛ばされるところまでです。そこで、3Dメガネ取ってくださいサインが出ます!

この3Dメガネも昔見たIMAXシアターのメガネで懐かしくもあり、でっかいので普段映画を見るときはメガネ使用のボクでも2重にかけて問題ない大きさがうれしいです。

来年の冬公開予定の映画『ハリー・ポッターと死の秘法』1部(『死の秘法』は2部作)は完全3Dバージョンでの公開があると聞くので、(多分IMAX版だと思います。)絶対またここで見たいなぁと思いました。 zoo
posted by チチブドウ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31333347

この記事へのトラックバック